たんぱく質

【知らきゃ損】美肌・美髪・美体型に最強なたんぱく質のチカラ

美肌 美髪 美体型 最強 たんぱく質
ザックリ言うと…
  • ビタミン・ミネラルよりたんぱく質がスゴい
  • たんぱく質を摂ると美容にイイことを美肌・美髪・美ボディで紹介
  • ダイエットにもボディメイクにも、たんぱく質を有効活用すれば最強!
MEMECO
MEMECO
パーソナルトレーナーのメメ子です😊

突如現れた「たんぱく質」カテゴリー。

正直、そんなにたくさん書くことはないのですが、とても重要かつ知っておきたいものなので、スグにアクセスできるようカテゴリーが設置されました。

なぜなら美容にもダイエットにも、ボディメイクにも、たんぱく質は欠かせないからです。

たんぱく質、とだけ聞くと、「ハァ?」って感じの方も多いかもしれませんが、キューティクル・コラーゲン・痩せやすい体、ときくと思わず反応してしまう方はいるのではないでしょうか。

これら全部、たんぱく質が材料です!

美髪によし、美肌に良し、ダイエットに良しと、なにはなくとも必要なたんぱく質。

今回はたんぱく質を積極的に摂ることで得られる女子的に嬉しい効果について、大まかにご説明していきたいと思います。

ビタミン・ミネラルは2番手。美人はたんぱく質を不足させない!

美肌にはコラーゲンやビタミン、美髪には亜鉛などのミネラル、ダイエットにはビタミンAやB群じゃないの?というふうに感じている方も、いるかもしれません。

正しいのですが、違います。タンパク質なんです。

たんぱく質といえば、みなさんご存知。肉や魚、大豆や乳製品に多く含まれるもの。なのですが、炭水化物や脂質と比べ、注目されていることが少ない印象。

炭水化物(糖質)・脂質は摂りすぎると太る!という思いが強いのもあってか、たんぱく質について意識している人はあまりいないんですよね。名前もなんだか地味ですし。

するとお肌に良いビタミン・ミネラル、ときいて、「ヘルシーなサラダ」とか、「ビタミンたっぷりのフルーツサラダー💖」とか、そういう基準で食べ物を選んでしまいがちになってしまいます。

昨今の食事制限ブーム。「肉は太りそう…」「チーズは絶対ダメでしょ」といった思い込みが大きいのもあり、ついつい敬遠していませんか?

しかし、たんぱく質は体のあらゆるパーツをつくります。「たんぱく質は体をつくる材料=なければ何もつくれない。」というのが大前提です。

不足した状態だと、ビタミンを摂っても、ミネラルを摂っても、のれんに腕押し、焼け石に水です。(あまり意味がない、という意味の言葉です)

あなたのまわりの美人さんは、ガリガリで栄養不足そうな表情をしていないと思います。

肉を食べない派の人でも、たまごや豆腐はしっかり食べるなど、たんぱく質を摂る工夫はほぼ必ずしているでしょう。

たんぱく質が不足するとデメリットばかり

ダイエットなどで特にたんぱく質は不足しがちですが、肌荒れの原因になったり、髪質も悪くなります。筋肉も減って、太りやすくもなります。1日に体重1kgあたり1gのたんぱく質、というのは、最低限必要量としておさえておくべきでしょう。

対して、ビタミンやミネラルは、1日の必要量もそんなに多いものではないので、しっかり主菜・副菜を取り入れた食事を摂っていれば、そこまで不足することもありません。

たんぱく質を豊富に含む食品には、ビタミン・ミネラルも同様に豊富なことが多いからです。

それに、最悪サプリメントで補えます。マルチビタミンのサプリなんて、最近は本当に安いです。

以前は1日に必要な3大栄養素をちゃんと摂れていた人が多かったのもあり、ビタミン・ミネラルといった訴求は強いものでした。今はむしろたんぱく質を1にも2にも摂っておかなければ!と思わないと、失うものの方が多いと言えます。

逆にここをおろそかにして、よくわからない「飲むだけで…的なサプリ」にお金をつぎ込むことがあれば、その方が明らかに大損です。

たんぱく質があるとイイことがある話。

とはいえ、不足しがちだから大事です、といっても、名前も地味なたんぱく質。なかなかにどうでもいい話だったりしますよね💨

たんぱく質は、ビタミン・ミネラルのように「よくわかんないけどいいことありそうな響き」が全くありません。なので、ここでたんぱく質が足りてる!十分ある!という時に、どのようなメリットが得られるのか?
美肌・美髪・美体型にわけて簡単に3つ、お伝えしようと思います。

たんぱく質が美肌に影響する部分

美肌といえばビタミンCなどですが、ビタミンCはたんぱく質がコラーゲンをつくるのを「補助する」ものです。

たんぱく質は身体の中で様々な種類のアミノ酸に分解され、それぞれが分解、合成を繰り返します。

そのうちのひとつがコラーゲン。皮膚組織の70%はコラーゲンによりつくられています。細胞と細胞の間をつなぎとめ、支えるのがコラーゲンの役割です。

これが減ると、皮膚を支えることができずにシワ・たるみの原因になると言われます。ダイエット時の食事制限で肌がカサつくのもたんぱく質不足によってコラーゲンが身体に足りてないから起こることです。

これが十分に足りている場合はこの逆です。

肌のハリ、ツヤがもちろんアップし、きめ細かく美しい肌を保つことができます。

皮膚の生まれ変わり、ターンオーバーにもたんぱく質がなければ行うことができないので、シミの原因もたんぱく質の不足は大きいと言われます。

たんぱく質をしっかり摂ることで、皮膚の生まれ変わりサイクルも正常化し、プルンとした肌を保つことができるワケです。

美肌に関する食事術については、姉妹サイトの「毛穴レスFACE」にも掲載いたしました😊

毛穴だけでなく、お肌のトラブル全般についてのサイトなので、気になる方は是非ご覧になってみて下さい😊

 

たんぱく質が美髪に影響する部分

たんぱく質は臓器、血液、筋肉など、生きる上で必須な成分。しかし、髪の毛は無ければ無いで、(イヤだけど)一応生きていけますよね。

そのため、髪をつくるためにたんぱく質が配分される優先度は、低い方と言われています。

生命維持に重要なものに十分な栄養をまわして、髪の毛は後回し、ということですね。

一方、髪の毛の成分はその99%がたんぱく質からつくられています。したがって、たんぱく質が不足すると、髪が細くなってコシがなくなったり、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

ダイエット時の髪のパサつきも、つまりは後回しにされた髪のダメージが直接的に身体に出てしまっている、ということになります。

しっかりとたんぱく質を摂っていると、ツヤ・コシ・量と、美髪の条件をもろもろ手に入れることができます。

髪の表面はキューティクル、その中身はコルテックス、となっていますが、どちらもたんぱく質からできているもの。

キューティクルが剥がれると、当然コルテックスにもダメージがでてきて、パサつきの原因になります。そこで、しっかりとたんぱく質を摂取すると、内側、外側もしっかりとたんぱく質が補修・コーティングしてくれるのです。

たんぱく質が美体型に影響する部分

そしてこのメディアで一番気になっている人が多い話題はおそらくダイエット面での効果だと思います。

脂肪を燃焼させるために、運動をしない場合は基本的に糖新生という、体内の糖分がある程度減った状態からスタートするエネルギー産生が重要になってきます。

脂質をメインで燃焼する際には筋肉を分解して、そこから燃料になる糖分(グルコース)を捻出します。

たんぱく質は毎日合成したり分解したりを繰り返すので、たんぱく質をしっかり摂っている場合は、この糖新生による筋肉量の減少を抑えることができます。

しかし、たんぱく質が不足した状態だと、筋肉は減る一方です。エネルギー不足で代謝が落ちて、脂肪を燃焼させる力のない身体になります。

その結果、足りないエネルギーを貯蔵していく必要があるため、太りやすくなるのです。単純な絶食などのカロリー制限で、一時的に体重が落ちても、食事量を通常に戻した途端にすぐにリバウンドしてしまうのは、筋肉だけがなくなって脂肪が減らず、体質的にグッと太りやすくなるためです。

詳しく知りたい方は、代謝を知れば痩せ力アップ!【25歳からのダイエット成功】基礎という記事もお役立て下さい。

逆にたんぱく質をしっかり摂っていれば、このようなトラブルとは無縁で、しっかり食べてもちゃんと痩せ、ボディメイクでは気になるパーツをしっかり絞ることができるようになります。(努力は必要ですが)

オトナもコドモも必要なたんぱく質。もっと意識してみよう

今回は、地味だけどとっても大事な成分、たんぱく質を摂ることによるメリットをご紹介しました。

たんぱく質は英語でプロテイン。ギリシャの言葉で「もっとも重要なもの」を意味する「プロテイオス」を由来とするもの。

その役割は実際に私たちの体の中に、欠かすことのできないものです。

まずは生きる上でも非常に重要なこの栄養の役割を把握して、その上で補助的な成分としてビタミンやミネラル、その他のサプリメントなどを効率よく摂取し、美しさを保っていきたいですね😊

最近ではスムージーや青汁といった置き換え食よりも、まずは根本的に不足している栄養素を補ってから、という考え方が認知されてきて、プロテインを置き換え食にしてたんぱく質を積極的に補給する女性も増えてきています。

少し割高ですがドラッグストアなどでも色々な種類が売っていますし、コスパを最優先する場合はAmazonで大容量(3.5kg)のマックスロードを購入するのが最もコスパが良いと思います。グリコのプロテインです💡

ハードな筋トレをしなければ筋肉が増えることはありませんし、美容的な目線で見ても重要なものですので、役立てていきましょう。

美容に良い内容もカバーしたい!という方は、ファスタナ
もおすすめのプロテインです😊(ちょっと高いです)

今回の記事があなたにとって、より良いライフスタイルのきっかけになれば幸いです💖

ABOUT ME
小川メメ子
小川メメ子
正確で使える情報に強いこだわりを持つパーソナルトレーナー。田舎育ちの好奇心旺盛さとドライな切り口に定評アリ。Webメディアは文字の集まりですが、ボディメイクを楽しむお手伝いができればと執筆中。
error: Alert: Content is protected !!